引っ越しの際にはピアノの運搬も考える必要がある

自動車の運搬

自動車陸送を考える

新車、中古車問わず、自動車を陸送する場合、自動車積載車に複数台を積み込み、一度に1台から8台程度を輸送することが一般的です。 陸送にかかる費用は、輸送にかかる燃料費と、高速道路を使った場合の高速費、そして運転手の人件費で構成されていますので、基本的には、陸送の出発点から到着地点までの距離に比例します。例えば、片道100キロ程度の地点までの陸送であれば、1台あたり平均的に8000円から10000円程度が相場とされており、また、複数台を同じ地点に陸送依頼すると、この1台あたりの価格が多少値下がりする場合があるようです。 高速道路が悪天候で走行不能の状態である場合を除いて、基本的には、天候や気温に左右されず陸送は行われます。

車の陸送費用が気になるときには

車の陸送には、主な手段だけでも自走と積載、そして船での運搬という復数の輸送方法があり、どの手段を用いるかによって料金相場もことなってきます。車の陸送手段だけでなく、どこからどこまで運搬するのかという、距離も当然料金に影響を与えます。そして、運搬する都市の交通事情や車の陸送を利用するお客が多いのかどうかという点によっても、料金が大きく変わります。 結論として、車の陸送の費用が知りたいときは、一括見積りサービスなどを利用して、確かめることが大切です。一括見積りサイトなら、無料でたくさんの業者の料金を比べることができるため、それを見ればだいたいの相場も自ずと明らかになるでしょう。 興味のある陸送会社には、問い合わせて、費用の明細について詳しく尋ねると、丁寧に回答してくれます。