引っ越しの際にはピアノの運搬も考える必要がある

遠方へと引っ越す

違う地域への引越し。

県内や市内であれば知り合いの引越し業者がいたり融通がきいたりすることもあり、比較的直前に申し込みをしても予約が取れやすいと言われていますが、県をまたいだり関西から関東といったように地域をまたぐ場合は早い段階で段取りを組んでおく必要があります。最初に2-3社に連絡をして見積もりを出してもらいましょう。金額は業者によっては10万円以上差がでることもあります。その見積もりを元に他の引越し会社の人と価格の相談や交渉をすることも可能ですが、最初の金額から10万以上安くなる等であれば信頼できる会社なのか等を考えてみたほうが良いかもしれません

作業内容や費用について。

引越しを依頼するときのパターンは大きくわけて2つあります。1つはらくらくパックのようなもので、荷物を箱に詰めるところから新居に引越したときに荷物をだすのまで手伝ってくれるタイプのもの。もう1つは基本的には荷物を詰めるところから片付けるところまで自分たちで行わなければならないものです。この2つでいくと全て自分たちでやるほうが金額的には安く済みますが、働きながら引越しの準備をするのはかなり大変なため、もしも共働きや単身での引越しなのであれば少しお金は高くても手伝ってもらえるプランを選んだほうが良いかもしれません。引越しに使うダンボールの数によっても引越し費用は変わってきますので、出来る限りいらないものは処分して荷持は少なくしておきましょう。ちなみに不要品を買取してくれる業者さんもいるので、新品が多くある場合はそういったものを利用してみても良いかもしれませんね。